らいふのもりメールマガジン(無料)
法規制の全般的動向を把握できると好評!

今なら登録者に「ライフサイエンス法令ガイド」(31ページ、無料)を進呈します

ライフサイエンス分野(バイオ、医療等)の法令情報などをお届け(原則、毎週1回)します。登録はコチラから。

メディカルサイエンス

保護具としてのマスク

投稿日:2018年12月5日 更新日:

インフルエンザ対策」で、対策としては、予防接種、保護具、消毒、診断、薬など様々なものがあるという話をしました。

また、そこで、保護具としては、特にマスクをすることが多いですが、「これは、自分が罹らないためというより、他人にうつさないためと考えた方がよさそうです。マスクをしているから、大丈夫と言うことはありません。」と述べました。

今からの季節、インフルエンザ対策で、マスクをした人が増えてきそうです。

マスクには、大別して「サージカルマスク」「フェイスマスク」「防塵マスク」の3種類があります。

「サージカルマスク」は、本来は医療用マスクのことを呼びますが、風邪や花粉症の患者が使うものも含みます。高性能フィルターを用い、試験粒子を 95% 以上捕集できるN95マスクもあります。

「防塵マスク」は、防塵用であり、作業用マスクに分類されます。

「サージカルマスク」や「防塵マスク」は、異物を吸入しないようにする目的で使用しますが、「フェイスマスク」(衛生管理マスク)は、どちらかというと自らが異物を飛散させないようにする目的の簡易的なマスクです。

お店では、様々なマスクが売られていますが、目的に合わせて適切なマスクを選ぶことが必要です。

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 科学ブログ 生命科学へ
にほんブログ村

動物・生物ランキング

-メディカルサイエンス
-

Copyright© らいふのもり , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.