らいふのもりメールマガジン(無料)
法規制の全般的動向を把握できると好評!

今なら登録者に「ライフサイエンス法令ガイド」(31ページ、無料)を進呈します

ライフサイエンス分野(バイオ、医療等)の法令情報などをお届け(原則、毎週1回)します。登録はコチラから。

医薬品

抗インフルエンザ薬の化学構造をまとめてみました

投稿日:2019年2月17日 更新日:

抗インフルエンザ薬」で、インフルエンザ薬を作用機序によって分類して紹介しました。

今回は、これらの薬の化学構造をまとめてみました

化学物質の毒性の予測」で、
「化学物質の専門家、開発者は、化学構造を電子の雲で考えるため、物質の、どの部分がどういう反応をするか、酸化されやすいか、還元されやすいかなど、構造を見るだけで分かるものです。あまり多くはいませんが、化学の専門家であり、かつ、毒性の専門家は、化学構造から物性が分かり、毒性発現メカニズムの知識と合わせれば、その構造から毒性がかなりの確度で予測できます。」

ナノマテリアル」で、
「化学の専門家は、化学構造を電子の雲で考えるため、その化学物質が、電子を授受しやすいか、どの部分がどういう反応をするか、どんな色を持つかなど、化学構造を見るだけで分かるものです。これは、医薬品のデザイン(分子設計)をしている専門家も同様です。」

という話をしました。

化学の専門家が、薬の化学構造を見ると、その作用をある程度、思い浮かべることができるのではないでしょうか。化学構造を電子の雲と捉え、分子の形と電子の偏りなどを想像しつつ、作用機序との関係に思いを巡らすのは、専門家にしかできない贅沢かもしれません。

1.「ウイルスが自身の殻をやぶり細胞の中にRNA(遺伝情報)を放出」を阻害 ー経口薬

2.「細胞内で増殖:mRNAの合成」を阻害 ー経口薬

3.「細胞内で増殖:RNAの複製」を阻害 ー経口薬

4.「ウイルスが細胞の外に出て他の細胞に感染する」ことを阻害
(1)経口薬

(2)吸入薬
 

(3)点滴薬
 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 科学ブログ 生命科学へ
にほんブログ村

動物・生物ランキング

-医薬品
-

Copyright© らいふのもり , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.